× 閉じる

アジア大陸の最南端にも立つ 実質1日のシンがポール観光

アジア大陸の最南端にも立つ 実質1日のシンがポール観光

ちょっと欲張りすぎ?往復の飛行機移動も含めて3泊4日でシンガポール、マラッカ、クアラルンプールを観光しようという無謀に近い旅。限られた時間を有効活用する為に 行きは深夜便移動。しかもLCC。

musashi2107さんmusashi2107さん
旅行期間4日間
旅行目的有名スポット
旅行時期2019年08月21日
拍手数1拍手
コピーされた数0
旅行先 [シンガポール
シンガポール
セントーサ
[マレーシア
クアラルンプール
続きを見る

1日目 2019年08月21日(水)

  • 深夜

    移動(飛行機) / エアアジアX

    まずは 23:45発のエアアジア D7 523便でマレーシアのクアラルンプールへ。 節約の為に座席指定をしなかったので、モロ真ん中の席になってしまった。 深夜の7時間を越えるフライトで これはキツかった。

  • 05:50

    クアラルンプール国際空港(KLIA、セパン空港)

    定刻より早めの到着。 ここでシンガポール行きに乗り換え。 LCCの宿命と言うべきか、ターミナルの端から端まで歩かされた。

  • 07:25~08:20

    移動(飛行機)

    クアラルンプールで、同じくエアアジアの7:30発 AK 703便に乗り継いで、シンガポールへ。

  • 08:40

    シンガポール・チャンギ国際空港

    降り立ったのはターミナル4だったので、まずは MRT(地下鉄)の駅があるのは ターミナル2へ、無料の連絡バスにて移動。

  • 09:30~10:10

    移動(電車)

    Changi Airport (CG2) → City Hall(EW13) 「チャンギ空港駅」からシンガポールの中心部、マーライオンパークの最寄り「シティホール駅」までは 11駅程度。 でも、運賃は2.4シンガポールドル。 日本円で 約187円と安い。

  • 10:30

    マーライオン・パーク

    「世界三大がっかり」と言われようが、シンガポールを代表する人気観光スポット。 それを物語るように、まわりには大勢の観光客の姿。

  • 11:10

    ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ

    場所が場所なだけに、高級ブランド店がメイン。 モール内を船が行き来している! フードコートは比較的リーズナブル。

  • 11:40

    ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

    まるで SF映画の世界! 地上からだけでなく、ツリー同士を結んで、空中散歩が楽しめる 高さ22m の「スカイウェイ」もある☆ こちらは有料。 お楽しみは夜に!

  • 12:30~12:40

    移動(電車)

    Bayfront (DT16) → Chinatown (DT19)   1.5シンガポール (約117円)

  • 12:55

    チャイナタウンコンプレックスのホーカーセンター

    現地の方が利用するような ローカルな雰囲気漂う屋台街☆ シンガポールでは「ホーカー」と呼ばれ、国民の生活に欠かせない場所らしい。

  • 13:35

    マックスウェル・フードセンター

    ホーカーをはしご! ここの名物は「天天海南鶏飯」、通称 “テンテン” のチキンライス☆

  • 14:15~14:25

    移動(電車)

    Chinatown (NE4) → Harbour Front (NE1)   1.7シンガポールドル (約132円)

  • 15:30

    パラワンビーチ セントーサ島

    シンガポールに こんな素敵なビーチリゾートがあったなんて 意外!   そして、さらに吊橋を渡った先には・・

  • 15:50

    アジア最南端ポイント

    シンガポールの最南端じゃなくて、アジア大陸の最南端

  • 16:50~17:15

    移動(電車)

    Harbour Front (NE1) → Rochor (DT13)   1.9シンガポールドル (約148円)

  • 18:15

    アラブストリート

    一歩 奥へ入った裏路地が 意外とフォトジェニック! カラフルな建物の壁には アートが描かれていたり。 建物全体がアート作品のような お洒落なスポットがそこら中に!

  • 18:40~18:50

    移動(電車)

    Bugis(DT14) → Bayfront(DT16)   1.5シンガポールドル (約117円)

  • 19:45

    ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

    毎晩19:45と20:45の2回 行われる 音と光のショー「ガーデン ラプソディ」をたまたま観賞!

  • 21:00

    マリーナ ベイ サンズ

    ここでも 毎晩19時と20時ちょうどに (金曜と土曜は21時も) 噴水ショー「スペクトラ」が開催される。  大迫力のオーケストラに、舞い踊る噴水 そしてレーザー。 さらには、水しぶきに映像が投射されたりと、15分間の “光と水のショー” は必見

  • 21:30

    ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ

    夕食は ショッピングモール内のフードコート「ラサプラ マスターズ」で☆   もしかしたら、21時で閉店かなと思ったら、なんと24時間営業!

  • 移動(電車)

    Bayfront(DT16) → Rochor (DT13)   1.5シンガポールドル (約117円)

  • 深夜

    ハワイホステル 

    予約したのは、約1400円 (18シンガポールドル) で、6人部屋のドミトリーでしたが、案内されたのは2人部屋。 しかも、自分1人の貸切状態だったので、個室と変わらずでラッキー☆

2日目 2019年08月22日(木)

  • 06:30

    ハワイホステル 

    バスの出発地は、バスターミナルではなく「コンコルドホテル」と言う 自分には縁のないような立派なホテルの前から。 そこまでは徒歩。 なので、6時半にチェックアウト。

  • 06:35~06:55

    移動(徒歩)

  • 07:00

    コンコルド ホテル シンガポール

    ホテル内の商業施設の一画に、この後 利用するバス会社のオフィス (受付) があるので、中へ。 昨夜の宿とは 次元が違う・・ 受付でチェックインを済ませ、あとは指定されたナンバーのバスに乗車するだけ。

  • 08:05

    移動(バス)

    シンガポールからマレーシアへは VIPバスで☆ バス会社名も「ラグジュアリー コーチ サービス」   2つの国にまたがって運行するバスで 国境を越えるのは初めて!    マレーシア編へとつづきます。

3日目 2019年08月23日(金)

4日目 2019年08月24日(土)

前のスケジュール 続きを見る

この旅行記の予算(1人の旅行)

移動35,950円
宿泊3,200円
食事4,200円
ツアー代0円
観光0円
その他0円
合計43,350円
(一人当たり 43,350円)

メモ

移動費のうち、航空券代は30831円。

アジア大陸の最南端にも立つ 実質1日のシンがポール観光へのコメント

コメントはまだありません。

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在1拍手)

拍手する

旅スケTOP > アジア大陸の最南端にも立つ 実質1日のシンがポール観光の旅