× 閉じる

中国 チベット 世界遺産を巡る旅

中国 チベット 世界遺産を巡る旅

中国・チベットにある世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区」(ポタラ宮、ジョカン寺、ノルブリンカ宮殿)をツアーで巡ります。

ロンドンオリンピックさんロンドンオリンピックさん
旅行期間8日間
旅行目的世界遺産 /パッケージツアー
旅行時期2019年10月18日
拍手数5拍手
コピーされた数0
旅行先 [中国
シャンハイ(上海)
セイネイ(西寧)
ラサ(拉薩)
ツェタン(澤当)
セイアン(西安)
[愛知県
蒲郡市
続きを見る

1日目 2019年10月18日(金)

  • 自宅

    チベットの旅行は12年前に計画を立てるも、個人旅行が出来ず、挫折したままであった。今回、西遊旅行社の「青蔵鉄道で行くチベットの旅」8日間ツアーに参加し、旅行する事となった。また、中国旅行は過去、長いも短いも含めて10回旅行しているが、実に13年振りである。

  • 09:51

    移動(徒歩)

    今回はツアーとあって空港に荷物を送ってあり、身軽で最寄駅まで徒歩。

  • 10:20

    移動(電車)

    近鉄と名鉄を乗り継ぐ。名鉄はミュースカイに乗る。

  • 11:18

    中部国際空港

    先ずはJALABC(ヤマト運輸が兼業)のカウンタで荷物を受取り、荷物の詰め替えをする。そして、両替する。¥10218が600元になる。(1元=¥17.02) その後、中国東方航空のチェックインカウンタに並ぶも、既に長蛇の列が出来ていた。マイレージはJALマイレージに付ける。荷物は最終目的地の西寧まで行く予定だ。 時間が掛かり過ぎて、昼食を摂る時間が無かった。   (地図位置情報なし)

  • 13:50

    移動(飛行機) / 中国東方航空

    MU350便  A320 機内はほぼ満席であったが、隣は空席でラッキー。 この区間はZクラスでマイレージ登録したが、マイル数は0である。 中部からの出発は本来、ツアーの設定に無かったが、¥8000の追加料金で特別に航空券を発行してもらった。 時計を中国時間(-1時間)とする。

  • 15:43

    上海浦東国際空港

    トランジットする。先ず自動機で指紋を読み取らせ、トランジット用の入国審査を済ませる。その後、セキュリティーチェックを受け国内線のゲートに進む。搭乗ゲートで待っていると、今回のツアーの添乗員とメンバーと出会う。今回のメンバーは11人。

  • 19:59

    移動(飛行機) / 中国東方航空

    MU2309便 A319 機内はほぼ満席。

  • 23:24

    西寧曹家堡空港

    ターンテーブルで荷物を待つも出て来ない。何とロスロバッゲージ! 荷物は上海浦東にあるという。荷物の中の何かが引っ掛かった様だ。しかし、何が引っ掛かったか?検討が付かず。仕方なく、荷物は次の行先、ラサまで2日後に送ってもらう様にする。

2日目 2019年10月19日(土)

  • 00:17

    移動(バス)

    専用車(中型バス)  日を跨いで空港を出発。

  • 00:58

    青海賓館

    西寧にある4★ホテル。疲れて寝るだけであった。

  • 08:57

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 09:26

    クンブム(タール寺)

    西寧の郊外にある、ゲルク派六大寺のひとつのチベット寺院。堂内は写真撮影禁止で残念。

  • 11:33

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 11:39

    食事

    博物館の近くにある中華レストランで食事。

  • 12:58

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 13:43

    青海蔵文化博物院

    2階には、長さ618mの長大なタンカが展示されている。このタンカはギネスブックにも載っており、チベット絵画の総決算ともいえる。  1階にはチベットの歴史とチベット医学の展示エリアでチベット医学のタンカが多数展示される。

  • 15:28

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 16:02

    東関清真大寺

    青海省最大のイスラム教寺院。建築の中心となる大殿は入母屋造りで、チベット様式の宝瓶を持つ。

  • 16:14

    ぶらつく

    イスラム街のエキゾチックな町並みを楽しむ。

  • 16:47

    食事

    夕食 あるホテルの中華レストランで中華をいただく。

  • 18:34

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 18:44

    西寧駅

    セキュリティーチェックを受けて駅舎に入る。乗り遅れ防止の為に早く入ったが、セキュリティーチェックはスムーズに終わり、待ち時間が長かった。

  • 21:27

    移動(電車)

    青蔵鉄道に乗り拉薩(ラサ)に向かう。客車は1等軟卧(2段ベット2つで4人収容のコンパートメント)  西寧からゴルムドを経由し徐々に標高を上げて青海省・チベット自治区の境にある唐古拉峠(5,072m)を越える。

3日目 2019年10月20日(日)

  • 00:00

    移動(電車)

    青蔵鉄道  寝ていると、頭が痛くなり、吐き気がする。高山病にかかってしまったようだ。早速、主治医に処方されたダイアモックスという薬を飲み、酸素を吸っていると午後には良くなった。

  • 19:40

    ラサ駅

    ガイドに入域許可書を取ってもらう。

  • 20:14

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 20:39

    剛堅拉薩飯店

    拉薩市街にあり、バルコル(八角街)へ徒歩圏内の4★ホテル。 今日、ロストバッケジした荷物がホテルに届く予定であったが、まだ、届いておらず、ショック!

4日目 2019年10月21日(月)

  • 07:30

    剛堅拉薩飯店

    夜に頭が痛くなり、ダイアモックスを飲んだ。そのまま寝られず朝が来た。朝には、頭痛も無くなりなんとか行動できそうだ。

  • 09:29

    移動(徒歩)

    歩いてバルコル(八角街)を抜けジョカンに向かう。道は迷路の様になっていて一人で行くのは困難だろう。バルコルの手前でセキュリティーチェックを受ける。

  • 10:00

    ジョカン(大昭寺)

    世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区」(文化遺産)  7世紀中期に創建された吐蕃時代の寺院。吐蕃の名君ソンツェン・ガンポ王はラサに遷都し、釈迦牟尼仏像を祀る寺院の建立に着手した。当初この地は湖であったがそれを埋め立てて寺院とした。この地はラサ(ラ=やぎ、サ=土地)と呼ばれるようになった。 

  • 10:34

    パルコル(八角街)

    ラサ旧市街の中心部に位置するジョカンを囲む長さ約1㎞の道。チベット仏教徒にとっては聖地ジョカンを取り囲む巡礼路となっており、多くの信者がマニ車などを回しながら右回りに歩いている。

  • 10:55

    食事

    八角街の茶店でミルクティーとトゥクパとモモを食べる。

  • 11:47

    移動(徒歩)

    再び、ジョカンの前まで来て写真を撮り、ホテルへ戻る。

  • 12:12

    剛堅拉薩飯店

    ホテルで暫く休憩。

  • 13:23

    移動(バス)

    専用車(中型バス)  ホテルで傘を借りる。

  • 13:44

    ポタラ宮

    世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区」(文化遺産)  ラサ旧市街西部にあるマルポ・リの南斜面に立つダライ・ラマの宮殿。ポタラと言う名は、サンスクリット語のポタラカ。観音菩薩が住むと伝えられる山の名。 ポタラ宮の建設は、吐蕃王朝がラサに都を移した7世紀頃に始まったと言われる。  雨は本降りになってきた。この季節、ラサで雨が降るのは珍しいと言う。

  • 16:15

    移動(バス)

    専用車(中型バス)  バスに乗る頃には雨は上がった。

  • 16:31

    セラ寺

    ラサの北のセラ・ウツェ山の麓に立つチベット寺院。1419年に創建されたゲルク派の大寺院で最盛期には5500人もの僧侶がここで修行に励んでいた。日本人の河口慧海や多田等観もここでチベット仏教を学んだ。 行った時は祭りの最中で多くの信者が参詣をしていた。

  • 17:28

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 17:56

    剛堅拉薩飯店

    ホテルに戻るとロストバッケージした荷物が届いていた。これで一安心。(荷物は、上海→西寧→ラサと飛行機で来た。)荷物の中身をチェックしたが、何も抜かれていた物は無く、結局何が引っ掛かったか?検討が付かず。  夕食はチベット料理の鍋であるギャコックをいただく。

  • 19:46

    移動(徒歩)

    ポタラ宮の夜景を見に行く。

  • 20:15

    ポタラ宮広場

    ポタラ宮の道を挟んで南側にある広場。ポタラ宮の全景を正面から見る事ができる。但し、正面は共産党のスローガンがいやらしく掲げられているので少し斜めから見るのがお勧め。

  • 20:37

    移動(徒歩)

    途中、大型スーパーマーケットに寄り買物。

  • 21:26

    剛堅拉薩飯店

5日目 2019年10月22日(火)

  • 06:23

    剛堅拉薩飯店

    今晩は良く眠れた。

  • 08:30

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 08:47

    ノルブリンカ

    世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区」(文化遺産)  ダライ・ラマ7世が1740年代に造営を始め、完成後はチベット暦の4月から9月までの間、ダライ・ラマの夏の離宮として利用された。

  • 10:36

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 10:47

    デプン寺

    1416年にツォンカバの弟子であるジャムヤン・ジュチェによって創建されたゲルク派のチベット寺院。規模はゲルク派六大寺院で最大。

  • 12:45

    食事

    デブン寺の駐車場にあったローカル食堂で食事。

  • 13:18

    移動(バス)

  • 14:30

    雅江河谷

    川の景色とチベット寺院が見える。   (地図位置情報なし)

  • 14:37

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 16:08

    ヤムドゥク湖

    カンパ・ラ峠(標高4749m)からヤムドゥクを眺める。

  • 16:30

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 19:14

    剛堅拉薩飯店

    今日の夕食はホテルで中華。

6日目 2019年10月23日(水)

  • 06:00

    剛堅拉薩飯店

    今日も良く眠れた。

  • 08:35

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 09:45

    ゴンカル・チューデ

    ラサからツェタンへの途中にあるチベット仏教寺院。 美しい壁画が残る。   (地図位置情報なし)

  • 10:44

    移動(バス)

    専用車(中型バス)  途中、ツェタンの警察署でパスポートチェック。

  • 13:04

    ツェタン飯店

  • 13:28

    食事

    ホテル近くの麵屋で昼食。

  • 14:15

    ツェタン飯店

  • 14:21

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 14:46

    ユムブ・ラガン

    小山の上に立つ宮殿で、チベットで最初に建設された宮殿とされている。一説によると、紀元前1世紀前後にこの地を治め、チベット初代王となったニャティ・ツァンポが建てたと言われる。   行った時は工事中で麓から宮殿を眺めた。

  • 14:39

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 15:08

    昌珠寺

    タントゥク・ツォクラカン  7世紀に吐蕃国のソンツェン・ガンポ王によってチベットで最初に建立された仏教寺院で、同時期に創建されたラサのジョカンと多くの共通点を持っている。 真珠でできたタンカで有名である。

  • 15:57

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 16:06

    ツェタン飯店

    ツェタンの市街にある4★ホテル。

7日目 2019年10月24日(木)

  • 06:00

    ツェタン飯店

    今日も良く眠れた。

  • 08:35

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 09:28

    サムイェ・ゴンパ

    チベット仏教建築史上の最高傑作とも言われる寺院で、その創建は8世紀中期まで遡る。堂塔の伽藍の配置により寺院全体が立体マンダラを表す。  寺近くのへポリの丘に登り、サムイェ・ゴンパの表す曼荼羅を見る。

  • 11:36

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 12:42

    食事

    ラサ空港近くのレストランで春雨スープをいただく。

  • 13:10

    移動(バス)

    専用車(中型バス)

  • 13:15

    ラサ・クンガ空港

    荷物からX線に引っ掛かりそうな物は全部取り出した。

  • 15:33

    移動(飛行機) / 中国東方航空

    MU2336便  A319  機内はほぼ満席。

  • 18:22

    西安空港

    西安でトランジット。 1999年に西安空港に来た時は掘っ立て小屋みたいな建物であったが、20年が経ち、大ターミナルに変貌していた。

  • 19:20

    移動(飛行機) / 中国東方航空

    MU2336便 A321  飛行機は全く違うのだが便名はラサからの便と同じであった。  隣は空席でラッキー。

  • 21:42

    上海虹橋国際空港

    こちらは市街近くにある空港。  荷物が出て来て一安心。結局、往路、何が引っ掛かってロストバッゲージになったのか分からず。

  • 22:21

    移動(バス)

    専用車(中型バス) バスはおんぼろであった。

  • 23:11

    上海航空酒店浦東機場店

    浦東空港近くの3★ホテル。 明日違う飛行機に乗って行くのでメンバーとはここでお別れ。

前のスケジュール

この旅行記の予算(1人の旅行)

移動0円
宿泊0円
食事0円
ツアー代0円
観光0円
その他0円
合計0円
(一人当たり 0円)

中国 チベット 世界遺産を巡る旅へのコメント

コメントはまだありません。

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在5拍手)

拍手する

旅スケTOP > 中国 チベット 世界遺産を巡る旅の旅