× 閉じる

ペルー・ボリビア 世界遺産を巡る旅

ペルー・ボリビア 世界遺産を巡る旅

ペルーの世界遺産(リマ、クスコ、マチュピチュ)とボリビアの世界遺産(ティワナク)を巡ります。

ロンドンオリンピックさんロンドンオリンピックさん
旅行期間17日間
旅行目的世界遺産 /一人旅
旅行時期2007年06月11日
拍手数3拍手
コピーされた数0
旅行先 [メキシコ
メキシコシティ
[ペルー
リマ
クスコ
ピサック
オリャンタイタンボ
ペルー その他の都市
アグアスカリエンテス
マチュピチュ
プノ
フリアカ
[ボリビア
コパカバーナ
イスラデルソル(太陽の島)
ボリビア その他の都市
ラパス
[愛知県
常滑市
[千葉県
成田市
続きを見る

1日目 2007年06月11日(月)

  • Stay Home

    新型コロナウイルス感染拡大で海外旅行が出来なくなってしまって、暇な時間が増えてしまった。そこで、それを利用して、過去の自分の旅を「旅スケ」にアップしていこうと思います。当分、ワクチンを打つまでは海外旅行はお休みです。 なお、本「旅スケ」の情報は古いので、お出掛けになる際は最新の情報を入手の上、旅をして下さい。(2020年6月)

  • 自宅

    今回、ペルーの世界遺産・リマ、クスコ、マチュピチュとボリビアの世界遺産・ティワナクを巡ります。また、チチカカ湖にも足を運びます。

  • 移動(車)

    自家用車  地元、空港バスの駐車場に車を停める。

  • 11:34

    移動(バス)

    空港バス

  • 12:26

    中部国際空港

    カード会社のラウンジで過ごし、JAL国内線のチェックインカウンタに進む。チェックインを行い、搭乗券は3枚出て、荷物はスルーで成田、メキシコシティを経由して、ペルーのリマまで行く。  (地図位置情報なし)

  • 14:01

    移動(飛行機) / 日本航空

    JL3084便 737-400 今回、メキシコシティまでの航空券は日本航空で購入した。

  • 15:00

    成田(新東京)国際空港

    第2ターミナルに到着。 (地図位置情報なし)

  • 17:19

    移動(飛行機) / 日本航空

    JL012便 B747-400 カナダ・バンクーバー経由メキシコ・シティ行き。長距離故、席を通路側に取る。バンクーバー寄港時はゲートで待つ。時計をメキシコ・シティ時間(-14時間)とする。

  • 19:00

    メキシコ・シティ国際空港

    メキシコに入国し飛行機を乗り換える。出国審査は無かった。今度乗るラン・ペルーの飛行機が遅れるそうである。ラン・ペルーは食事券を出したので、空港のレストランでタコスを食べる。(地図位置情報なし)

2日目 2007年06月12日(火)

  • 02:59

    移動(飛行機) / ラン・ペルー航空

    LP627便 B767-300 約3時間遅れでメキシコ・シティを出発。 この区間はJALマイレージバンク・ワンワールドで航空券を頂いた。 時差はメキシコ・シティと同じ-14時間。 (LPはLATAMに現在合併した。2020年6月)

  • 08:39

    ホルヘ・チャベス国際空港

    リマ国際空港 入国は簡単に終える。荷物をピックアップし、宿の車の迎えを受ける。

  • 09:30

    移動(車)

    普通車 宿の迎えの車。

  • 09:50

    当山ペンション

    日本人宿 アットホームでとても良い。 少し時間が早いがチェックインさせてもらう。 US$23/泊 朝食付 HPから予約。 

  • 10:11

    両替

    ペンション近くの銀行で両替。US$300が942ソルになる。1ソル=¥40くらい。

  • 15:38

    移動(車)

    タクシー

  • 15:57

    Mickey Tour

    ペルーの国内線航空券、ホテル、マチュピチュ行きの列車の切符手配を頼んであったので、それらの受取りと代金支払い。

  • 16:20

    移動(車)

    タクシー

  • 16:13

    リマ歴史地区(リマ歴史地区)

    世界遺産(文化遺産) アルマス広場とカテドラルの風景を見る。また、セントロの夕景を見る。

  • 19:36

    食事

    セントロのレストランで夕食。

  • 20:40

    移動(車)

    タクシー

  • 20:58

    当山ペンション

3日目 2007年06月13日(水)

4日目 2007年06月14日(木)

  • 06:27

    当山ペンション

  • 07:10

    移動(車)

    タクシー

  • 07:36

    ホルヘ・チャベス国際空港

    ラン・ペルーのカウンターでチェックイン。

  • 09:37

    移動(飛行機) / ラン・ペルー航空

    LP-027便 A319 窓側に席を取る。

  • 10:45

  • 11:00

    移動(車)

    タクシー

  • 11:52

    Hostal San Isido Labrador, Cuzco

    アルマス広場から近く。パティオがあるコロニアルな宿。US$29/泊 シングル使用 朝食付 Micky Tour にて予約。(2020年現在、このホテルは名前を変えている。)

  • 12:52

    PUKARA

    昼食 日本人が経営するペルー料理レストラン。 川魚のフライを食べる。

  • 13:56

    クスコ市街(クスコ市街)

    世界遺産(文化遺産) クスコは昔インカ帝国の首都であった。「クスコ」とはケチュア語で「ヘソ」を意味する。

  • 14:00

    カテドラル

    クスコのカテドラルは、インカ時代のピラコチャ神殿の跡に建てられた。 今日、クスコでは祭があり賑わっている。

  • 15:06

    宗教美術博物館

    「12角の石」がはめ込まれたインカの石壁を土台として建てられた旧大司教庁。館内には300年以上も昔に使われていた家具などが当時のままの状態で保存されている。

  • 16:47

    La Retama

    アルマス広場に面したペルー料理レストラン。少し早いが2階席のテラスからアルマス広場の祭の風景を見て夕食を取る。アルパカのステーキを食べる。味は牛肉の様である。

  • 17:45

    アルマス広場

    広場で祭の様子を見る。

  • 18:30

    America Tour

    オリャンタイタンボ行きのツアー、プノーまでの行程の予約をする。(2020年、所在地確認要)

  • 19:23

    Hostal San Isido Labrador, Cuzco

5日目 2007年06月15日(金)

6日目 2007年06月16日(土)

  • 06:30

    Hostal San Isido Labrador, Cuzco

    少し風邪をひいたみたいだ。  昨晩、中庭の騒音が煩くて部屋を変えてもらう。 今日はクスコの郊外をツアーで巡る。

  • 09:12

    移動(バス)

    大型バス

  • 10:37

    ピサック遺跡

    「インカの聖なる谷」にある、マチュピチュによく似たインカの遺跡。わずかな山頂の平地を、斜面とともに効率よく利用している。

  • 12:18

    移動(バス)

    大型バス

  • 13:37

    食事

    ローカルレストランでビュッフェランチ。

  • 14:10

    移動(バス)

    大型バス

  • 14:32

    オリャンタイタンボ遺跡

    インカ帝国時代の宿または要塞跡といわれる。

  • 16:00

    移動(バス)

    大型バス

  • 17:25

    チンチェーロ遺跡

    かつてインカ帝国の重要な要塞があったが、基底部だけを残して、今は教会が建っている。

  • 18:21

    移動(バス)

    大型バス

  • 19:00

    Hostal San Isido Labrador, Cuzco

7日目 2007年06月17日(日)

  • 04:20

    Hostal San Isido Labrador, Cuzco

  • 05:20

    移動(車)

    迎えの車

  • 05:37

    サン・ペドロ駅

    マチュピチュ行きの列車が発着する。

  • 06:00

    移動(電車)

    ビスタドーム  車両の上部がガラス張りになっており、パノラマの風景が楽しめる。

  • 09:41

    アグアスカリエンテス駅

    マチュピチュにアクセスする駅

  • 10:00

    Hostal Machu Picchu, Aguas Calientes

    旧アグアスカリエンテス駅の目の前にあるホテル。 US$30/泊 シングル 朝食付 Mikey Tourで予約。 2020年現在、閉店しているので注意。

  • 11:00

    食事

    昼食 マスのフライを食べる。

  • 11:34

    移動(バス)

    シャトルバス  アグアスカリエンテス駅から標高差400mのハイラムビンガムロードを登りつめる。

  • 11:56

    マチュ・ピチュの歴史保護区

    世界遺産(複合遺産) 標高2400mに造られたマチュピチュは「空中都市」とも「失われた都市」とも言われる。植民地時代、スペイン軍に見つかる事無く無傷のまま残された遺跡。1911年、ハイラム・ビンガムにより発見された。

  • 16:51

    移動(バス)

    シャトルバス ツズラ折りのハイラムビンガムロードを降ると、グッバイボーイの姿を見る。

  • 17:13

    アグアスカリエンテス駅

    駅前の降車場に到着。

  • 17:20

    Hostal Machu Picchu, Aguas Calientes

前のスケジュール

この旅行記の予算(1人の旅行)

移動0円
宿泊0円
食事0円
ツアー代0円
観光0円
その他0円
合計0円
(一人当たり 0円)

メモ

参考文献:「地球の歩き方」 B23 ペルー ボリビア エクアドル コロンビア 2006~2007年版

ペルー・ボリビア 世界遺産を巡る旅へのコメント

コメントはまだありません。

スケジュールをカレンダーに登録する

iCal形式 Webcal形式

旅行記は参考になりましたか?(現在3拍手)

拍手する

旅スケTOP > ペルー・ボリビア 世界遺産を巡る旅の旅